今年もやってきてしまいました、お世話になった教職員の方たちとのお別れの季節。島のお別れは船で旅立たれるのを見送る形になるので、寂しさは通常の倍以上感じます。

お別れの生間港で子供たちの演奏による島唄や、先生達への挨拶、先生方からの挨拶、涙々のバンザイ三唱などを経て、いよいよ船が港を出ていきます。子供たちは船から伸びた色とりどりの紙テープを持って見送ります。紙テーブが切れても、縁は切れません!

owakare

本当にお世話になりましたー!という生徒や地域の方々がフェリーが行った後海に飛び込みます。
今日は風も強く、とても寒かったので飛び込みあるのかな、どうかなと思っていましたが大勢飛び込みました。

01

まずは一番手、カンタ君。さすがの男気!

ikioi

この勢いからの!

02

堀田先生ダーイブ!

03

すごいジャンプ力!

04

さすがSさん!

05

みんなブレブレなのに、一人だけピントが合う、さすが持ってるK先生。

06

飛び込むところを撮れなかった人もいるのですが、こんなに飛び込んでいましたよ。

07

海が綺麗!カンタ君の頭も綺麗!

08

みなさんさようなら~!お元気で~!またどこかでお会いしましょう~!